2018.11.28 グローブトロッター bespokeが完成

去年の7月に制作をお願いし、12月に完成したグローブトロッター。

スポンサーリンク

今回既製品を購入するのではなく、bespoke(ビスポーク)したので完成品をプレビュー

 

 

依頼した時のブログは前に書いています↓

globe trotter で念願のbespoke 2018.07.02

 

んで注文していたのはこれ↓

結局、カラーはレッド。

 

 

イエローとかオレンジとかにしようとしたけどレッドに落ち着いた。

形は26インチスーツケース(車輪なし)にしている。

写真は箱から開けたばかりのケース。

 

 

本体のカラーは両側面、背面、表面の4つを変更する事ができるが、自分はレッドに統一した。

 

 

そして中はグレーに。

中の色も色々と選べて今回みたいなシンプルな色に加えて柄のデザインも選べる。

 

 

自分は汚れを気にして目立たないようにしたかったのと赤と調和も取れそうだったのでこの色に。

中のベルトもワインレッドを選択。

ブランドロゴもカッコいいなー。

 

 

「SUITSCASE」って書かれているだけあってやっぱ原点は車輪無しのスーツケースなので自分も車輪無しに。

 

 

中に入っていたのは説明書と保証書。

アーガイル公爵が使っていたグローブトロッターもいい味が出てる。

アーガイル公爵

 

 

日本国内でグローブトロッターを購入すると「10年保証」が付く。

自分では大切に使っていても預け荷物にしたり、ホテルに預けたりすると何されるか分からないから保証があるってとても安心できる。

 

 

使って3ヶ月の写真。

角は汚れていたりと少しボロボロに。

 

でもこの汚れをつけていくことがグローブトロッターの良さだと思っている。

 

ベルトの部分、ハンドルの色、鍵の部分、角のブロックも変更可能。

それと縁の部分の色も変更可能で写真を見ての通り自分はワインレッドに変更。

 

 

価格もそれなりにして、26インチスーツケースで ¥324,000

 

いやー高い高いw

 

RIMOWA持っているのにしかも既製品を買わずにbespokeして買うとか自分でもヤベェなと思っている。笑

 

けどそれだけの価値はあるし、今後死ぬまで使えるんだろうなと思うと30年後とかこのスーツケースがどうなっているかとてもワクワクする。

 

 

それまでにロストバゲージにあわなければの話だけど…。笑

 

以上。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す