2018.11.13 祇園 にしむらでディナー

今夜の晩御飯は祇園にある「祇園 にしむら」

スポンサーリンク

 

 

その前に夜の祇園をお散歩。

 

平日だからか人も少なく、落ち着いていて雰囲気も楽しめた。

 

 

少しぶらぶらして、お目当てである「祇園 にしむら」へ。

 

 

場所はここ↓

 

 

ここの予約はいつも使っている「ポケットコンシェルジュ」

厳選レストランの予約・決済サービス【ポケットコンシェルジュ】

 

 

1人予約でも入れてかつ食べログでも評判が良かったここ「祇園 にしむら」

店主曰く、リッツからの紹介ポケットコンシェルジュからのお客さんが多いのだとか。

 

 

京都で食べる料亭の味を楽しみたくてここにしてみた。

 

 

以前、京都のお鮨屋、「すし岩」でお世話になって今回もここで予約することにした。

 

店内の写真は無いけど、カウンターで大将を囲み食事をする感じ。

座敷席もあるみたいだけど今回は1人なのでカウンターで。

 

 

まずは、ここのお店の定番でもある

「胡麻豆腐」

 

黄色く見えているのは柚子。

柚子の風味にもちもちの豆腐がマッチしていてスタートにして感動する味。

 

 

次は、「かぶら蒸し」

京都の料理はさっぱりしていて、美味しいわ〜。

ちなみに中に入っている白魚は鱈(タラ)。

 

 

次に、お刺身。

鯛。

大間のマグロ。

利尻の雲丹。

(少し食べてしまいましたw)

大間のマグロ。

今回の食事で一番感動した。こんなに美味しいマグロがあったなんて…。

味も濃厚。トロけるような食感。

ここで食べたマグロが人生の中で今のところ一番です。

 

大将曰く、「ここ最近でここまでいいマグロはなかった」って言ってたぐらい良いマグロが仕入れた日に行けた。

ラッキーだったなと。

 

利尻の雲丹。

濃厚で甘かったな〜。本場の雲丹を北海道に食べに行きたいと思っているけど、寒いとこ嫌いなので行く気になれん…。

 

鯛。

マグロ、雲丹が味が濃いので鯛のインパクトが無くなってしまうので食べる順番考えなきゃなと思った。

 

 

次に、「鯖寿司」

写真は光の加減で赤くなっちゃったけど、もっと白いっす。

 

 

一口サイズでちょうど良く、鯖も美味かったなー。

いずうの鯖寿司に比べたら量は物足りないけど、その分味は間違いなし。

「胡麻豆腐と鯖寿司の店」と言われてた意味が分かった気がする。

 

 

次に、右にある鴨ロース。とキャベツ。

中央の銀杏。

左にある筋子。

後は分からん…。笑

筋子はゆず醤油。

これも良かった。

鴨ロースは硬くはなかったけど冷えていてそこまで美味しいと感じなかったな。

やっぱ鴨はna camo guro がオススメ。

 

 

鱈の西京漬け。

これも一口サイズ。

西京漬けも自宅でしか食べたことなかったけど、ここで食べた鱈の西京図漬けも最強に美味しかったというまでも無い。笑

 

 

次に京都と言ったら、「白味噌」

関東で食べる味噌と違ってこっちの味噌はシンプルでさっぱりしている。

 

 

それからおまけで貰った「赤身マグロ」「中トロ」

 

丁度外国人のお客さんがいて光り物の刺身は評判が悪いらしく、その代わりとしてマグロのお寿司を提供しているらしく、ついでで座っていた自分にも大将からサービスしてもらえた。

 

 

さっきマグロのお刺身で言った通り、最高のマグロに出会えました

 

締めに、「鯛茶漬け」

 

 

んで、デザートも。

 

 

西村さんと雑談しながら食事を楽しむ。

さすがミシュランに載るだけのお店だけある。

食べログの評価も良いし、また京都行くときは行ってこようかなと。

 

祇園 にしむら-ポケットコンシェルジュ-

祇園にしむら – 祇園にしむら ホームページ

 

祇園にしむら (ぎおんにしむら) – 東山/京料理 [食べログ]

 

 

以上。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す