2018.11.13 JAL 羽田-伊丹 First Class

今回、HND-ITM JL117便のファーストクラスレビュー。

スポンサーリンク

人生ファーストクラス3回目の搭乗。

 

 

今回はたった1時間のファーストクラス。羽田-伊丹行きのファーストクラスを乗ってみた。

 

 

たった1時間でも課金8000円と変わらない羽田-伊丹のFクラス。

 

 

自分的に5ヶ月ぶりのJAL、Fクラス。

 

 

今回は羽田空港から京都へ伊丹空港経由で行く旅行。

 

 

9時55分頃に羽田空港に到着。

 

 

大型掲示板を確認。JGCカウンターに行き、Fクラスに変更。

 

 

約5ヶ月ぶりのF。まさに「復活のF」

 

 

ダイヤモンドラウンジは滞在約10分。笑

 

 

メゾンカイザーのクロワッサンと、もう一つのパン(何か確認していないw)

と、コーラ。

 

 

コーラは、オレンジと、白ぶどうのコーラが選べるようになっており充実していた。笑

 

 

伊丹行きのFクラスは絶対に乗らないと思っていたが、空いていたので乗ってしまった。

 

 

よく考えると、お昼どうしようか迷っていたし、このタイミングで食べられるのなら良かったかなと。

 

 

今回の食事は12:30発なので昼食メニュー。

 

 

簡単にまとめるとこんな感じ。

 

羽田発便のメニュー。

 

アペタイザー

春菊のマリネ

カナールコンフィー

 

コンフィとは

( フランス語 :confit)は フランス料理の調理法であり、各種の食材を風味をよくし、なおかつ保存性を上げることのできる物質に浸して調理した食品の総称。

 

カナールとは鳥の胸肉のこと。

 

スモークサーモン リコッタチーズ 甘海老

 

メイン

ポークのグリルBBQソース

キオッチョーレのボロネーズソース、ブロッコリー

 

キオッチョーレとは「かたつむり」の事。

 

ボロネーズソースとは

タマネギ、セロリなど、刻んだ香味野菜と炒めあわせて風味をつけた挽肉と、トマトを素材として合せた、イタリア料理・フランス料理のソース。ボロネーゼと略される。

 

プチパン

バター

 

デザート

村中甘泉堂 富津パイ

 

飲み物一覧

 

とこんな感じ。

 

 

パンは温められていてバターを付けるといい感じに溶けて美味しかった。

 

春菊のマリネ

カナールコンフィー

スモークサーモン リコッタチーズ 甘海老

春菊は苦味もなく良かった。

真ん中のカナールコンフィーも温められたらもっと美味しかったんだろうなと。

甘エビの甘さ、美味しかったな。

 

問題は他の料理。

めっちゃ美味しそうに見えるこのポークは、温めがないのでナイフが入らないほどの硬さ。笑

流石に温めで出してほしかったわ…。

 

 

キオッチョーレも温めたら美味かったんだろうなと。

 

 

飲み物はシャンパン(エドシック・モノポール)にした。

 

 

にしても1時間のフライトだと写真撮っている時間もないほど、食べる時間がない。

 

 

ゆっくり食べたいのにそんなことしていると、あっという間に降下の案内が始まってしまう。

 

 

これで温めが入るとなおさら時間が無いんだろうなと。

 

 

でも美味しいものは食べたい。難しいところ。

 

 

まぁダイヤモンドラウンジで結構食べるからいいんだけどね。笑

 

 

関係無いけど、今回窓際だったので、撮った写真を。

 

 

この機体はANAのtokyo2020 応援企画の機体。

ANA × TOKYO 2020 応援企画 機体デザインコンテスト|ANA

 

お洒落な機体だなー。

JALも錦織選手だったりサッカー日本代表だったり、ミッキーとのコラボのもやっているけどカッコいいのはないんだよなー。

 

 

撮ったはいいがどこだかわからんw

 

 

大阪上空

 

大阪城

 

 

伊丹空港着地前は大阪の上空を飛ぶので、まるでミニチュアな大阪の景色、結構好きなんです。

 

帰りもFクラス乗ったのでそれもまた別の記事で。

 

 

以上。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す